しんぱいごむよう

第30期竜王戦、羽生善治二冠が挑戦者に|将棋ニュース|日本将棋連盟

 

羽生さんが無冠になるかもと心配していましたが、まだまだ大丈夫そうですね。

眩暈が…

朝は一時間普通に走れていたのに、突然眩暈が。空き時間にアマゾンプライムビデオでウォーキングデッドをこっそり観ていたからか?おもしろくてシーズン4まで一気に観てしまった。合間に観ているというよりウォーキングデッド観ている合間に生活している。

王座戦

羽生さん、第1局を落としてしまいました。

将棋王座戦第1局、中村が先勝 :日本経済新聞

 

詳しいところはわかりませんが、優勢な局面から何度か勝ちを逃す内容の良くない将棋だったようです。

羽生さんが無冠になるのも近いかもしれません。

王座戦

知らないうちに王座戦が始まってました。

王座戦中継サイト

羽生さんが王位に続いて王座を失冠して棋聖一冠だけになるとかなりの事件なのでは。

羽生世代でタイトルを持ち合っていたのが、いつのまにか羽生さんが若手相手に孤軍奮闘ということになってしまいました。注目です。

慨世の遠吠え

 内田先生と右翼の論客、鈴木氏との対談集。鈴木さんの子どものような開けっぴろげな質問や意見に苦笑する内田先生という場面がたびたびあります。右翼の人というと怖いイメージですが、こんなに偉ぶらない人は珍しいですね。

慨世の遠吠え

慨世の遠吠え

 

 

魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝

日本史でおなじみの史料です。

後漢書東夷伝魏志倭人伝の順に出てきますが、書かれたのは後漢書が5世紀、魏志三国志)が3世紀と逆なんですね。しかも、後漢書東夷伝魏志倭人伝の記述が元になっているとか。授業で教えてよね。 

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)

新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)

 

 

セトウツミ

ほぼ全編が川沿いの公園で男子高校生二人が喋ってるだけの映画。シンプルなだけに二人の演技力が重要になるのでしょうが、間や表情など上手くて笑えます。若いのに大したものですね。原作の漫画も読んでみたくなりました。

セトウツミ

セトウツミ