読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳はなぜ「心」を作ったのか

読後の最初の感想は読むんじゃなかった、でしょうか。決してつまらなかったからではありません。刺激が強すぎました。今まで「私」と思っていたものが実は錯覚に過ぎないとは…。
受動意識仮説については、中村文則の「教団X」などの書籍や雑誌記事で目にしていたのですが、ほとんど理解できていなかったようです。この仮説によると人の意識というのは脳のニューラルネットワーク(小人)たちによって作られる錯覚に過ぎないとなるのでしょうか。私が焼肉が食べようとかジョギングをサボって二度寝しようと決めているように見えるのも錯覚で、実は小人たちによって決定された後にあたかも「私」が決めたように思わされているだけなのです。喉が渇いたので水を飲もうと思うより前に、実はもう手をつかさどる脳の部分はコップへ手を伸ばすように働いているのです。自分が決めているように見えて、意識できない小人による決定が知らされているだでけなのです。驚いた!この無力感はどうすればいいの?

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)

脳はなぜ「心」を作ったのか「私」の謎を解く受動意識仮説 (ちくま文庫)