人を、殺してみたかった

著者の他の本のように驚くような事実を掘り起こすことはできなかったようです。まあ、そんな驚くようなことのない事件だったようです。