響1〜6

このマンガのおもしろさは全て主人公「響」にありと言っていいほど、強烈なキャラクターです。 久しぶりにマンガにのめりんで読みました。